1. アールシーコア RECRUITING SITE
  2. 社員の声:ホームナビゲーター

ホームナビゲーター

売込み型ではないので、
お客様に自然体で接することができます。

前の会社では、限られた来場客のなか「商品・会社・自分」を売込むスタイル。とにかく熱意や情で受注につなげていました。売込み型の営業は、顧客との駆引きや交渉が絶えず、希望が叶わないと営業へ責任転換されることが多々ありました。

BESSの場合は、お客様がBESSのコンセプトとシンクロしていることに気づき、その結果が契約。BESSのことを知ってもらい、DIYや薪ストーブ、木の空間の心地よさを体感し、好きになってもらって、顧客自身が気づいていない「楽しい」という潜在意識を引き出すことがホームナビゲーターの仕事。もちろん計画を実現させるためには今までの住宅ローンや建築の知識が大いに役に立ちます。顧客が希望する暮らし実現のために全力を尽くすことは、私にとって自然体で、顧客も自らの意思で計画を進める事に生き生きと楽しそうで、とてもやりがいがある仕事です。

BESS藤沢 営業部門

浅野 由香里

企画型住宅なので、商談がスムーズに進みます。

前の会社はフリープランを売りにしていたので、お客様の希望通りにプランを作成し、見積もりを提出。ところが、お客様もはっきりしたイメージが無いなかで打合せするので、希望が二転三転して、その都度プランも作り直し。見積もりと予算が合わないと、それでまた何度もやり直し。契約になれば苦労も報われますが、やり直しが多いほど、実を結ばないのが実際。他社に決まったなどと聞くと、心身ともにガックリして、疲弊します。

BESSでは、暮らしを想定した標準プランの企画型住宅なので、お客様もイメージしやすく、契約のほとんどが標準プランか、そのアレンジの範囲。前職と比べると打合せが本当にスムーズで、また、「土間で薪ストーブ焚いて、デッキでBBQして・・・」と、暮らしのイメージがどんどん広がって、楽しく盛り上がります。自分自身が良いと本心で思える提案のため、顧客との打合せで本音を話せることが以前とは大きく異なります。BESSに転職して本当によかったです。

BESS藤沢 営業部門

安森 秀聡

接客が楽しく、気持ちの張りが違います。

前の会社では、お客様は住宅購入を決めた人が主だったので、関心が最新の設備や住宅の性能・スペックなどにいきがちで、家を売っているのか、設備を売っているのか分からなくなるぐらいでした。

BESSでは、アウトドアやライフスタイルの雑誌を見て、「こんな暮らしがしたい」というお客様が来場されるので、私もアウトドア好きなこともあって、話が盛り上がり、それが自然な形で商談につながります。「今日はどんなお客様が来場されるのだろう」と楽しくてしかたありません。スペックの説明に終始していた以前の商談とはまったく異なり、気持ちの張りが違います。

BESSスクエア

木村 敏

単独展示場なので、他社を気にせず、
じっくりBESSのことをお話しすればいい。

前職では、総展内のモデルハウスで営業していましたが、計画のあるお客様を奪い合うスタンスでした。ですから、他社を否定しなければならないですし、他社との値引き競争にさらされていました。BESSの場合は、単独の展示場なので、お客様の多くはBESSに関心があって来場されていて、他社との比較ではなく、じっくりBESSのことをお話しすればいい。変なストレスもなく、精神的にもゆとりが生まれました。

BESS松本(出向中) 営業部門

関 浩平

求められるスキル

ハウスメーカーでの営業経験、
設計や融資関係の知識があればベスト

営業スタイルそのものと、「家は道具」という考え方も、他のハウスメーカーとは大きく違います。しかし、「住まい」に関する知識が必要であることに変わりはありません。業界経験者で、「もっと夢のある、もっと自信を持ってお客さまに薦められる住まいを扱いたい」という思いを溜め込んできた方、ぜひ、その思いを当社でぶつけてください。

また、未経験でも、「お客様のハピネスを追求することに喜びを感じる人」で営業経験をお持ちであれば、ぜひ、チャレンジしてください。自然派個性住宅での楽しく幸せな生活を提案するための「遊びの知識」の習得もお願いします。

この職種で扱う製品・サービス

自然派個性住宅「BESS」ブランドで
ログハウスなど、個性豊かな木の家を提供

当社単独展示場の「BESSスクエア」。500坪の敷地内にログハウスとエポックス(ログハウス以外の建物)から成る6シリーズの『自然派個性住宅』を展開しています。

そのいずれもが、万人受けを狙ったものではなく、“普通の住宅では飽き足りない、感性豊かな人”をワクワクさせるような強い個性を発散する住まい。

機能・性能一辺倒の住宅業界とは対照的な住む人の遊びごころを大切にした家づくりで、ログハウス業界シェアNo.1(50%以上)を誇っています。